/HOME

Lazy Ecology's Book Shelf(自作に役立つ書籍紹介)

HRLが今も参照している書籍,かつて参考にした書籍を紹介しています。
最近は情報収集していないのでちょっと情報が古いかも知れません。

数学が苦手な理系なので,高校生レベルでも理解できる入り口になる本。
専門家でもつまずく(うなずく)注意点やアイディアが見つけられる本。
読み物として面白い,実用性が高い,実例が豊富等の条件に注目して良書を選んでいます。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


真空管アンプ関連

全段差動アンプで高名な「ぺるけさん」による著書です。 真空管アンプ設計・製作のバイブルとして新たなスタンダードになると思います。
わかりやすく順序だった説明は初心者にもオススメです。
アンプの設計と製作をしていくにあたって参考になることが沢山記載されています。
ベテランでも必読の1冊と思います。
比較的古くからある真空管アンプ設計の手引書です。
CRによるフィルターの基礎的な知識や,プリアンプやパワーアンプの設計法,名機の回路解説など充実した内容です。
私が持っているものは誤記や間違いが散見されますが,リニューアルしたようです。
具体的な作例も掲載されていてかなりパワーアップしています!
私も最初はこの本で真空管アンプを勉強しましたので,初心者でも安心です。
真空管のスパイス・シミュレーションで高名な著者による本が出版されました。
著者のHPでは,いままでろくに解析されてこなかった真空管アンプ回路をまじめに,丁寧に解析を行っています。
とても参考になりますし,今まで言われていた常識がいかにいい加減で中途半端な仮説であり,かつての時代の回路解説者の身勝手な思い込みであったことがわかります。
購入検討中です!!

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


オーディオ関連

オーディオをやるなら,スピーカー,アンプ,プレーヤーをまずそろえると思いますが,その次に必要なのが部屋の整備と思います。
1/10の模型を駆使して部屋の音響特性を実測し,最適な寸法比を求めるなど興味深い内容になっています。
スピーカの設置方法,定在波のたち方や吸音の方法などが具体的に示されています。
具体的な設計例も示されており,実践的な内容になっています。
MJの連載は読んでいましたが,増補されているようです。
リスニングルームの重要性を認識させてくれる1冊です。
これからオーディオを始める人,オーディオ・ルームを作る人,プロフェッショナル,いずれの方にも読んでいただきたい本です。
こちらもMJに長期連載されていた筆者の著書です。
スピーカーの基礎から応用まで幅広く記載されています。
学生時代に図書館で読んだ記憶があります。
最近のスピーカーは小口径ウーハーを使ったトールボーイばかりで個性がありません。
昔のスピーカーは個性的で面白いものが多いです。そういった面からスピーカーを自作される方にオススメです。
著者は三菱でP-610などのスピーカーの開発を行っていた方だそうです。
学生の時に読んで感銘を受け,自分でも色々とやってみた。そんな思い出のある著者の本です。
配線材の向きや部品へのこだわりなど,影響を受けました。
DCアンプは日々進化しているので内容的には古いかもしれませんが,現在でも十分通用しますし,一度目を通しても損はないと思われます。
つづいて下巻です。
入信を進めるわけではありませんが,難しいことを考えずにまず作ってみることです。
正しく作ることが出来れば自作オーディオ・システムとしては最高峰のものが出来ると思います。
世界的に有名な金田式DCアンプの作例集の最新版です。
内容はMJに連載されている記事の抜粋と思われます。
金田式は,音へのこだわりを部品と回路に昇華しているという面で自作ファンにはとても魅力的です。
とにかく,トランジスタひとつ,抵抗ひとつ,配線材ひとつ,向き,極性など,細かなことに気を配るのですから,やはり修行みたいなものです。
でもそのこだわりと薀蓄が面白いんですよね。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


ギターアンプ・エフェクタ関連

洋書です。
わたしの枕元にいつもある本です(笑)。
これでギターアンプの回路を勉強しました。
アンプメーカー各社の回路図が満載されております。
毎晩眺めていれば色々なことが見えてきます。
10年たってボロボロですが,今でも新たな発見があり,よく参考にしています。
当時はネットが普及しておらず貴重な資料でした。
今では簡単にネットで調べられますが,やはりパソコン画面よりも紙媒体がいいですね。
洋書です。
私は持っていませんが,欲しい本です。
洋書です。
私は持っていませんが,欲しい本です。
1990年代にWEB上で知り合った方からオススメを受けましたが,いまだ入手していません。
そういう意味では古い本なんですね。
自作の深遠なる世界の入り口に最適です。
電線の話は伝染します(笑)。。
部品に対するこだわりも勉強になります。
簡単な作例から紹介されているのでこれから自作を始める人でもとっつきやすいです。
自作の醍醐味をうまく伝えてくれる本です。初心者にもわかりやすいように記述されています。
FUZZは実際に作ってみました。
続編です。
ある意味哲学的です。というより人生論とか宗教論なのかもしれません。
キカイというものはオシャレでなければならない。そんなファッション的要素が深いように感じました。
電子工作と音楽製作の確信的な部分が点接触する貴重な書籍です。人生の幅が広がります。
いろんな意味でのアンチテーゼが含まれており,ロックな魂を感じます。
マイクプリは作ってみたいと思います。
CDが付属していて,いろいろなアンプの音を聞くことが出来ます。
アンプを作る際の音のイメージを掴むのに最適です。
同じ環境で違うアンプの音を聞く機会はなかなかないので参考になります。
この類の本でスピーカーユニット聴き比べ見たいなものが日本でも出版されるといいですね。
ギタリストに必要な電気の知識がわかりやすく解説されています。
インピーダンスとはなんぞやと思っている方にはお勧めです。
エフェクターボードの電源の取り方や,その他ノウハウなどが満載ですので,エフェクターボードを作るときには重宝しそうです。
本屋にはなかなか置いていないのですが,楽器屋さんにはありました。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


トランジスタ・アナログ回路・電源関連

トランジスタ回路を勉強するには最適の一冊です。
実用的な回路を設計・製作して動作を確認していくという手順が非常に参考&勉強になります。。
わたしも高校生の頃にこの本を読んでトランジスタ回路を勉強しました。。
通読すればディスクリートオペアンプやパワーアンプを設計できるようになります。
実際に作ったパワーアンプの音には感動しました。実装がまずくて熱暴走しちゃいましたけど・・・
続編です。。
FETの使い方をマスターできます。
ディスクリートの電流帰還オペアンプの設計例も記載されています。
この本を見ながらディスクリート電流帰還オペアンプを使ったエレキギター用のブースターを作りました。
シンプルなFETパワーアンプも設計することができます。
アナログスイッチや,スイッチング回路使用したDC-DCコンバータ,発振回路など高度な回路についても実用的な設計例が説明されています。
アナログ回路,特にLCRなどの受動部品を実際に動作させ,オシロやスペアナで実測し,実際の動作を解説するというなかなか他にはない書籍です。
基本的なCRのフィルタからコイルやフェライトコアを駆使した高周波回路の設計など幅広い範囲をカバーしています。
アナログといっても範囲が広いですが,やはり高周波は避けて通れません。
数式を並べられても良くわからない,そんなとき,感覚を掴むには測定器を駆使して「見える化」する必要があります。 そんな手引きです。
ノイズ対策の基本的な部分を押さえてくれています。
低周波から高周波まで網羅されています。アンプ作りの参考になる専門書はなかなかありませんが,実装面の設計には非常に役に立っています。
内容も幅広いので勉強にもなります。数式も出てきますが,基本的な考え方を学ぶことができますので助かります。
ノイズ対策というと,貼り物やらオカルトっぽくなるのですが,原理的な部分を押さえるために最近一番読んでいる本です。
DC電源の作り方を解説した本です。
リニア電源からスイッチング電源まで要点を押えつつ,実用的な例を提示してわかりやすく説明しています。
電源はアナログ回路最後のフロンティアともいえる分野です。ぜひ,マスターしておきたいです。
スイッチング電源の本ですが,電源装置の1次側に関して詳しく説明されている貴重な本です。
非常に実用的な内容となっており,真空管アンプの設計にも役立ちます。
今までなぜこういう本がなかったのか。私の推測ですが,あまりにも実用的過ぎてメーカーにとって門外不出のノウハウだからでしょう。
ヒューズの選び方も非常に具体的。バリスタ,アレスタなどの回路保護部品についても具体的かつ,実用性が高いです。
いま,一番読んでいる本です。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


オペアンプ関連

アナデバのオペアンプ本です。
オペアンプの歴史やプロセスの開発経緯について詳しく説明されています。
ヨチヨチ歩きだったオペアンプが高精度化・高速化・低ノイズ化していく過程は技術書としてだけでなく,読み物としても実に興味深いです。
読み終わる頃にはアナデバのICが欲しくなっているはずです(笑)。
計装アンプ,ADのインターフェース,DACのバッファ,各種センサのインターフェースなど工業向けの応用例の具体的な回路が紹介されています。
高精度なセンシングシステムを構築するのに役立ちそうです。
ハイ・インピーダンス回路の応用例も豊富なので楽器向けにも参考になります。
ADCの応用例と実用上の注意点が多いので,録音用のADCを作りたくなっちゃいます。
オペアンプの基本であるフィルター回路について説明されています。
HPF,LPF,BPF,BEFなど様々な特性のフィルタを様々な次数で設計することが出来ます。
PCM録音用の高次のLPFなど実際に作ってみたくなってしまいます。
後半には,計算どおりにならない実用上の注意点などが解説されています。
フィルター回路は本1冊には収まらないほど奥が深いものですが,実用的な設計手引き書は少なかったりします。
オーディオ用,ビデオ用,通信用など様々な増幅回路の実用例が示されています。
マイク・アンプ,RIAA EQ,バランス・ライン・レシーバー,ライン・ドライバーの実例が豊富です。
低雑音アンプや,低歪率アンプ,高速アンプなど高性能な回路が動作特性の実測データを含めて満載されています。
特に容量性負荷を駆動するバッファアンプの解析は役に立ちました。
長いケーブルを駆動するのは案外大変だということです。
5532や5534とアナデバの石を比較したりしていますが,アマチュアではなかなか測定できない超低歪みの領域なのでかなり興味深いです。
結局,高性能なICでもダイヤモンドに化けるかどうかは使いこなし次第ということでしょうか。
実装上の注意や,EMI対策,熱設計,過電圧保護,基板設計,受動部品の使いこなしなど,実用的なノウハウが詰まっています。
いままであるようでなかった,回路設計後から実動作に至るまでに四苦八苦する実用的な内容が網羅されています。
回路設計は出来るようになったけどイマイチ動かし方がわからない,作り方がわからない,うまく動かないという時に非常に参考になります。
アナデバ・アンプ本シリーズ5冊中では一番実用的な内容になっています。
アナログ回路設計のプロがどういう仕事をしているのかが良くわかりました。
このシリーズを4冊読んでOPアンプについて理解し,これから実戦を始めるというときに読めばより効果的と思います。
いままでこういった書籍はなかったので実戦真っ只中のプロの方にもお勧めしたい1冊です。
オペアンプ選定し,実際に使える回路にするまでに必要な知識を一通り学ぶことが出来ます。
回路例などの実用的なTipも満載です。
特定メーカーのバイアスがかかっていないので視野が広がります。
オペアンプの内部回路を考察しながら,長所・短所について解説しています。
IC設計の秘密を知ることができます。
結果としてアプリケーションに最適なOPアンプを選べるようになります。
汎用終オペアンプとして有名な品種の解説が興味深いです。
様々なメーカーのOPアンプが記載されているのも魅力です。
先輩から借りて読んだのですが,今は絶版なんですね。おしい。
まだ購入していませんがオペアンプ本として気になる本です。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


発振回路・PLL回路・AD・DA関連

発振回路なら何でもありです。
VCXOを使ったDACを作るためにこの本で発振回路について学びました。
CR・LC・セラミック・水晶など各種発振器,各種VCO・VCXOの実例,ファンクション・ジェネレータ,PLLシンセサイザ,DDSまで,,,低周波から高周波まで幅広く網羅されています。
実例が豊富で理論から設計,動作解析を通じてアナログ・デジタルに関わらず電子回路の全ジャンルが学べます。
正直とっつき辛い内容で,増幅回路だけをいじっている人には不要かもしれませんが,エンジニアとしてアナログ回路に関わる人には必須の内容と思います。
PLLを勉強するならこの本がお勧めです。というか他にはロクな本がない。。
基礎的な論理から実用的な設計法,実用上の注意点などが詳細に説明されています。
アナログ回路を設計するならば一度目を通しても損はないです。
引き込みが速く,スプリアスが少ないクロックを作るというのはある意味オーディオに通ずるものがあります。
というよりもピュアなクロックを作れなければ,デジタルオーディオは成り立ちません。
特筆すべきは,VCOのジッターに影響する電源ノイズについての考察です。3端子レギュレータのノイズ特性については目からうろこでした。
PLLはアナログ回路だという当たり前のことを再認識しました。
ADCを使いこなすための本です。扱われている技術領域が広く,実例に基づいた説明になっていますので大変参考になります。
電圧リファレンスやアンチエイリアシングフィルターなどの周辺技術もしっかり網羅しています。
また,高精度な測定にまつわる統計処理や回路構成の考え方なども学ぶことができます。
「刄ー方式」についても多く語られており,高い性能を実現するための何を行っているのかが理解できました。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


アナログ集積回路関連

名著です。仕事でアナログICを扱う人は必携と思います。
トランジスタ素子の特性から,トランジスタの複合回路まで,数式を駆使して論理的に解説されています。
トランジスタ自身を設計するという視点で執筆されていますので,基礎から勉強するヒトにはオススメです。
バンドギャップリファレンスや各種カレントミラー回路,素子サイズの話,素子のレイアウトなど参考になることは沢山記載されています。
わたしは上っ面の知識があればよいので通読できていません(汗)
名著下巻です。
帰還回路の設計・動作解析,周波数応答,全段差動アンプ,ノイズ解析・設計などなどIC内部の情報が満載です。
演習問題なども豊富に用意されていますので,まじめに勉強すればものすごく力になると思います。
きっと,ディスクリート回路の設計にも役に立つと思います。
こちらも通読できていません(汗)
日本人の著者による専門書ですので,英文を無理して翻訳していないせいか,読みやすく実戦的です。
専門書としては平易な文章で説明されていますので,専門的な知識がなくても通読することができると思います。
図が多いのも理解の手助けになります。C-MOSプロセスの解説や,障壁の話など,イメージ図を見れば「百聞は一見に如かず」,いままで理解に苦しんでいたことが頭に入ります。
この本を読んでバンドギャップリファレンスの原理をやっとこ理解することができました。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLL関連・ADC・DACアナログ集積回路電子部品


電子部品関連

半導体,コンデンサ,抵抗器,配線板などの電子部品がなぜ壊れるのか,メカニズムを科学的に解説しています。
過去の実例に基づいて,具体的な原因・対策が豊富に記載されています。 ほかにはこのような本は知りません。
信頼性の高い電子機器を生産するために必要な部品に関する知識が詰まっています。
難しい数式は出てきませんが,文章の割合が多く図が少ないので,基礎を知らないと直感的には理解しづらいかもしれません。
著者は松下にお勤めだったそうです。 個人的にですが松下の部品は信用度が高いです。
抵抗・コンデンサの種類,使用上の注意などが,具体的な選定方法とともに記載されています。
やや概念的な部分に終始する傾向があり,細かい疑問には答えてくれないのですが,概要的に全体を知るのにはよいです。
回路設計を始めたばかりでどんな部品をどのように選べばよいか迷いがあるような人には道を示してくれると思います。
ダイオードからトランジスタまで,日常的に使われるディスクリート半導体を網羅して特性,使いこなしなど,注意点を含めて解説されています。
実測結果のグラフが充実しており,部品の特性を見て取ることができます。
半導体部品は使いこなしを誤ると要求される特性が出なかったり,破壊してしまうことがあります。
こういった基本的な特性は,回路の基本的な構想を練る段階で必要になってきます。本書はそのような知識が詰まっています。

真空管アンプオーディオギターアンプ・エフェクタートランジスタ・アナログ・電源オペアンプ発振・PLLアナログ集積回路電子部品


音響機材やギターアンプ,オーディオアンプなどの自作を始めるにあたり,知識はあまり必要ではありません。
興味と情熱があれば始めることは容易です。

あらゆる部品・回路技術を駆使した自分独自の回路を設計したいという気持ちは誰もが持つものです。
しかし,デバイスを組み合わせて設計をするとなると,それなりの知識が必要になってしまいます。

本を読み,少しずつ知識を増やしながら,次の作品の構想を練る。
次の作品のここに応用できそうだ!と考えるのは楽しいことと思います。

皆さまのおかげで900円分のポイントがたまりました。あと半年位したら本1冊くらい買えるといいのですが・・・2009-06-06

Contact Info


/HOME

inserted by FC2 system