/HOME /GUITAR AMP /mesa_dl_rec

EFX SEND

禁無断転載


カソードフォロアを使用したエフェクトセンド部分です。
カソフォロが持つ低出力インピーダンスという特性を生かしきれていないのが残念です。
エフェクトループを直列にするか並列にするかを変えることができるようです。

J2*エフェクトセンドジャック
J3*エフェクトリターンジャック。挿していない状態ではスルーになる
R291Mスイッチを切り替えたときにこの部分が浮かないようにするための抵抗
R302.2MR31と組み合わせてグリッドバイアスを与えるための抵抗
R312.2MR30と分圧で電源電圧の半分の電圧をグリッドに与える。カソードフォロアではある程度の出力電圧得るためにグリッドにバイアスを与える必要がある
R3222kカソードバイアス用の抵抗。最大出力電圧をコントロールするためにR33と組み合わせて分圧している
R3382kカソードバイアス抵抗。R32とあわせて大体100kになる
R341Mもしもの時の抵抗かな?
R353.3kSW18が閉じた時にはエフェクトのかからないドライ成分もリターン回路に送られる
C220.1u結合用のコンデンサー。Fcはとても低い
C230.1u結合用のコンデンサー。FCは低い
VR12100kエフェクトセンドレベル調整ボリューム
SW17*エフェクトON/OFF
SW18*エフェクト信号をシリアルにするかパラレルにするか決めるスイッチ。パラレルにするとR35を通ってドライ成分もリターン回路に送られる
inserted by FC2 system