チョイラボその3

いわゆる”スムーステーパーボリューム”について


スムーステーパーとは?

スムーステーパーボリュームとは"H"マンギアの商品名だろう。 テクニックとしては一般的だと思うのだが。。 ボリュームを絞っても音質が変化しないというのが売り文句だ。

ポイントはシールド・ケーブルの容量とピック・アップのインダクタンス。コレが共振してエレキギターらしい音色になるんだな。

そういう意味ではケーブル・コンペンセイト・ボリュームという名前がいいんじゃないか。 いやいやただの名前の問題。

補正用に取り付ける抵抗はシングルコイルは250k,ハムバッカーは500k。なぜなら元々付いてるポットがそういう値だからじゃねえか。 コンデンサーは1000pFくらい。要するに普段使っているシールドの容量に合わせればいい。 200pF/mの容量を持つシールドを5メートル使ってるなら1000pF。 まあまあただのセオリーなんだな。いろいろやってみるが◎。


スムーステーパーボリュームのシミュレーション回路

シミュレーションに使った回路を示す。

・ピックアップのL分は4H(仮)Rは10k(仮)Rはちょっと大きい
→定数はとりあえずマスターyanmo氏のBlogを参考した
・POTは250k(自分のギターはストラトなので)
・ピックアップ自身の浮遊容量は無視
・ギター内の配線抵抗・容量は無視
・接続機器の入力インピーダンスは1MegΩ,入力容量は無視
・シールドケーブルの浮遊容量は1000pを基本とする・L分とR分は無視
・トーンコントロール回路は影響がないわけじゃないけどあんまり関係ないので無視

ボリュームの位置を変化させて各ポジションで周波数応答を見た。


スムーステーパーボリューム無しのF特

まず,補正無しの場合。

一番の上の線。これがボリューム全開の時。 ピックアップのインダクタンスとシールドの容量で共振が発生し,ピークが発生している。 このピークがエレキギターらしい音を演出している。

補正なしの場合,VOLUMEを絞るとピークが消えてなくなり,すぐに高域が減衰する。 こりゃあダメだ使い物にならない。


スムーステーパーボリューム有りのF特


補正用のコンデンサーを1000pF,抵抗を250kΩとした場合。 Peakが一瞬高いほうへ振られるが絞った状態でも見事に同じ位置にPeakが来る。 すばらしい!できる!ということで早速自分のストラトを改造。 なんだか新しいギターに生まれ変わったみたいだ。最新のギターは全部コレが入ってるんだろうな〜


補正用の抵抗値を大きくするとPeakが高くなる。 コンデンサーの容量はPeakの位置を決めるので,普段使っているシールドの容量に合わせる。

ちなみにストラトのPUのインダクタンスは2.3Hくらいだそうだ(ビル・ローレンスのサイトより)。テレからP-90までみると2〜6Hくらいの範囲になりそう。

今回わかったこと,シールドもエレキギターの音を決める一部ということだ。 キラキラ,パキパキしすぎるときは容量の大きいケーブルを使えば落ち着いてくる。 逆に10mとか引き回す場合は低容量のケーブルにしないとハイ落ちするし,ピークの周波数が落ちてくる。

あと,トーンコンデンサーを2000pFとか4700pFに交換するとMID BOOST的に使えると思われる。 パッシブのMID BOOSTというものが世の中に存在するらしいが,そんな仕掛けなんだろう。 古いコンデンサーはトーンを絞ったときにミッドが膨らむなんていうことがあるらしいが,それは容量抜けを起こしたコンデンサーを使っているからということもできるだろう。

以前,トーンコンデンサーを色々と試してみたときの結論は「トーンの変化は容量で決まる」だった。 納得。

以上


補足:シングルの場合は250k,ハムの場合は500kとしたが,アンプの入力インピーダンス1Megがあるので,これを考慮すべき。

具体的にはシングルは200k,ハムは330kがよいような気がする。

現状,220kでやっているが確かにちょっと効きすぎている気がする。耳で合わせよう。


Contact Info
Copyright(C) Since 1999 Y.Hosoya. All rights reserved.
inserted by FC2 system