誰も知らない真空管ギターアンプの設計・目次(仮)

ここはジョークページとして運用しています。。。

20XX年 完成目標!\1000でノウハウをおわけします。目標200件,20万で何を買うかな。


1:ギターアンプ

1-1:簡単な歴史

1-2:ピックアップからスピーカーまで

1-3:ピックアップ

1-4:プリアンプ

1-5:パワーアンプ

1-6:スピーカー

2:必要な知識

2-1:オームの法則

2-2:電力計算

2-3:交流と周波数

2-4:インピーダンス

2-5:コイルとコンデンサー

2-6:フィルターの基礎

2-7:真空管とトランジスタ

参考1:

3:プリアンプの設計

3-1:信号レベルと増幅(ゲイン)

3-2:基本増幅回路

3-3:トーンコントロール

3-4:イコライザー

3-5:ディスト―ション回路

3-6:リバーブ回路

3-7:センド・リターン回路

3-8:

3-9:

4:パワーアンプの設計

4-1:シングル・プッシュプル

4-2:バイアスとその方式

4-3:パワー管の動作・A級動作

4-4:ブロッキング・ディスト―ション

4-5:電源回路の設計

4-5:整流回路

4-5:フィルター

4-6:位相反転回路

4-7:負帰還(NFB)

4-8:ギター用のスピーカー

4-9:

5:部品の知識

5-1:抵抗器

5-2:コンデンサー

5-3:出力トランス

5-4:電源トランス

5-5:ボリューム(可変抵抗)

5-6:スイッチ

5-7:真空管とソケット

5-8:切り替え素子

5-9:ジャックや配線材など

7-7:安全な部品選定

5-10:

5-11:

6:構造・実装の知識

6-1:歴史

6-2:コンボアンプのシャーシ配置

6-3:ブレッドボード

6-4:アイレットボード

6-5:プリン基板

6-6:コネクション

6-7:配線・実装技法

6-8:

7:安全性を確保する

7-1:AC電源

7-2:1次側,2次側

7-5:シャーシ電位

7-8:電源回路の安全性

7-12:保護部品

7-12:異常試験

7-4:感電

7-6:絶縁

7-9:アース・グランド

7-3:火災

7-11:温度上昇

8:設計の実際

8-1:EL84 P-Pのアンプを設計する

8-2:プリアンプの設計

8-3:パワーアンプの設計

8-4:部品選定

8-5:シャーシ設計

8-5:配線設計

9:製作の実際

9-1:EL84 P-Pのアンプを作ろう

9-2:部品の入手

9-3:シャーシ加工

9-4:組立

9-4:配線

9-4:火入れ

9-4:動作確認

9-4:調整



■初めに

  この資料の作成は個人的な探究心から発するボランティア精神に基づいています。

  新たな実験のためには熱意だけでなく資金も必要です。
  寄付・カンパ・ドネーションをお願いします。

■送金方法

・銀行振り込みのみ受け付けています
  口座番号は資料送付と共にお知らせします。

・目安は一件につき \1000 程度を考えています。

・Eメールで送れるアマゾンギフト券も可。

■入手方法

・コンテンツはまだできてません。以下はジョークと思って聞き流してください。

・「Contact Info」にあるメールアドレスへ題名「資料送付依頼」でメールを送信してください。
  件名が異なると届きませんのでご注意ください。
  メールチェックは週に1度以下です。ご了承ください。

・氏名(HN可),郵便番号,職業(学生,会社員,自営業,無職,アンプ屋等)を明記してください。

  メールアドレスと共にリスト化して管理します。
  リストの目的は重大な誤記訂正の連絡と,件数を集計するのが目的です。
  それ以外の用途には使用いたしません。
  このリストはインターネットに接続しないPC上で管理します。

・もし,市販される機器へ応用する可能性がありましたらその旨のご連絡をお願いします。
  その場合は会社名,住所,電話番号,担当者の本名,機器名等をお伝えください。
  記載内容は自作向けですので,事故や損害が発生しても責任はとれませんので事前にご了承ください。

■免責事項

・資料に記載されている内容に基づく危険を伴う行為の全ては実行者の責任において実行され,
  危険を伴う行為を実行した本人またはその関係者が被った被害・損害・負傷・罰則等の事実に関して,
  筆者である私はあらゆる責任の一切を負わないことをここに明記します。

■著作権

・資料に記載されている文章,回路図,写真,音声ファイル等の情報について著作権は放棄していません。
・転載する場合は私の許諾が必要です。
・引用は結構ですが,コピペするなら引用先を明示してください。


inserted by FC2 system