真空管ギタープリアンプの回路設計


プリ・イコライザー,ポスト・イコライザー

POAT EQ
POST EQ

PRE EQ
PRE EQ

最近のプリアンプでは歪みを作った後にイコライザーを挿入する回路が多く見られます。 いわゆるプリゲイン,ポスト・イコライザー(Pre Gain - Post EQ)です。 わたしとしてはポスト・イコライザーに対して歪みを作る前に入れるイコライザーをプリ・イコライザー(Pre EQ)といって区別しています。

ポストイコライザー

右図はわたしが製作したアンプで採用したマスターボリューム付きのシェルビングタイプのポスト・イコライザーです。真空管増幅を伴わないパッシブ構成になっています。 シェルビング・イコライザーはミキサーのイコライザーに良く使われていて,高音域,低音域それぞれを広範囲にブースト,カットできます。

もちろんつまみが中央にあれば周波数特性もフラットになります。 このようなイコライザーを採用しているギターアンプはあまり見かけません。

最近のギターアンプはポスト・イコライザーにフェンダー形式のトーン・コントロール回路を使うアンプがほとんどです。 もちろん定数は各社まちまちですが,フェンダー型のトーン・コントロール回路を使うとミドルが大きくカットされてザクザクしたドンシャリになるので気持ちよく弾ける音になります。

フェンダー型のイコライザーはミドルカットの谷が深いためポスト・イコライザーに使うとかなり極端なドンシャリになります。 また,トレブルとベースがお互いに影響しあうので思ったとおりの音を作りにくいです。 さらにはミドルの谷を完全になくしてフラットな周波数特性を得ることができません。

シェルビングタイプのイコライザーは,下に示した図のように高音域,低音域それぞれ独立して自由にブースト,カットできます。 周波数特性も素直でフラットな特性も作れるので音作りも簡単・確実で素直な音を作れます。


*訂正:回路図に間違いがありました。「R3」の位置が高音側から低音側へ移動しています。お詫びして訂正します。申し訳ありません。
ポストイコライザーのF特

現代音楽ではドンシャリのザクザクした音が好まれていますのでポスト・イコライザーでミドルカットするのが半ば常識化しています。 ちなみに,最初にそれを行ったのはまたしてもメサ・ブギです。

メサ・ブギのMark?あたりには歪み回路の後にポスト・イコライザーとして5バンドのグライコが装備されていました。 この5バンドのグライコをV字に設定することでミドルをカットし,低音と高音を強調して,ドンシャリにすることができました。 このドンシャリは確かにザクザクしてて気持ちいいです。

しかしプリアンプで歪みを作っていなかった昔のギターアンプは,パワーアンプで歪みが発生していました。 つまり本来はトーン・コントロールを通した後で歪ませていたことになります。

わたしが最初に製作したアンプではフェンダー型のトーン・コントロールの後ろで歪みを作っています。 いわば,本来のギターアンプの音作りの形式に近いということです。 そして歪みの後にフェンダー型ではなくシェルビング型のイコライザーを入れて最終的な音色を調整できるようになっています。

例えばポスト・イコライザで低音をグイっと上げればズンと腹にくる低音がでます。高音側で音の抜け具合を調整すれば簡単にメタリックでワイドレンジな音作りができます。 逆にポスト・イコライザの低音と高音を両方とも下げるとナロウレンジな昔風の音にすることができます。 このシェルビング・イコライザーは±20dBのブーストとカットができます。

プリ・イコライザーとポスト・イコライザーを駆使すると様々な音色をドラマチックに演出することができます。 また,抵抗やコンデンサの定数を変更することによって音色を自由自在に操ることができます。

主観的な見方ですが,大体の傾向をまとめたもの再掲します(1999年,なつかしき20世紀の遺産です・・・)

歪みの前
Pre EQ
高音域 Boost より倍音が多くなる,ギラギラ・ジャキジャキする,痛くなる
Cut 甘くメロウ,密度感がある,ウーマン・トーン
中音域 Boost 太さ・厚みが出る,荒っぽくなる
Cut 扱いやすい,高音域がうるさい,薄っぺらになる
低音域 Boost 存在感が出る,暴れる,もこもこ・ボコボコする
Cut 前に出る,軽くなる,音圧感がなくなる
歪みの後
Post EQ
高音域 Boost ジョリジョリ,ザリザリ
Cut こもる,ぬけが悪くなる
中音域 Boost ラウド,うるさい,耳につく
Cut いわゆるドンシャリ
低音域 Boost ズンとくる,迫力がでる,音が飽和する
Cut 中高音域が前に出る,迫力・存在感がなくなる


Contact Info
Copyright(C) Since 1999 Y.Hosoya. All rights reserved.
inserted by FC2 system