真空管ギターアンプの部品選定


ジャックの選定

ジャックは使用頻度も高く,耐久性が要求されます。 フェンダーのアンプには「スイッチクラフト(Switch Craft)」のジャックが使われています。 マーシャルのアンプには「クリフ(Criff)」と呼ばれるナイロン製のジャックが使われています。 どちらも耐久性は十分で信頼性も高いです。

秋葉原で手に入る安価なジャックはどうも怪しげで手が伸びません。 モノによってはプラグとの相性問題を起こすものがありますので安易に使用しないほうが良いと思います。

抜き差しする際の感触も重要で,先に挙げた2社はスイッチクラフトは固め,クリフは柔らかめですが,しっくりくる感触はバッチリです。

ジャックのグランドの接続方法ですが,一点アースを重視するなら絶縁タイプを使って一点アースポイントまで引っ張ります。 シールド性能を重視するならばパネルに直接ナット止めしたほうが良いようです。

私は最近,スイッチクラフトのようにパネルにアースを接続できるものを使っています。 このようにすることで高周波ノイズの進入を防ぐことができます。

ハイブリッド接地といって,入力のGND側をDC的には絶縁しておいてコンデンサーで接地する方法もあります。 昔と違い無線機器がはびこっていますので,昔ながらの設計法が通用しないこともあり難しいです。

ジャックの端子は熱容量が大きいのでハンダ付けの際は大きな半田ごてでしっかり半田を流してやったほうが良いです。

あ,あと,基板に直接半田付けしてあるジャックはよく壊れます。


Contact Info
Copyright(C) Since 1999 Y.Hosoya. All rights reserved.
inserted by FC2 system